お知らせ   プライバシーポリシー   サイトマップ

製品情報

ネットワーク型車載ステーション「DTS-C1」

富士通のネットワーク型車載ステーション「DTS-C1」はクラウド型のデジタルタコグラフシステムです。リアルタイムに収集した車両の運行情報やドライバーの作業情報をクラウドサービスで管理・分析することが可能です。

物流業界では、安全運行と効率的な運転により環境負荷軽減とコスト削減を実現するデジタルタコグラフおよび運行支援システムの導入が進んでいますが、収集した情報を分析するためにはサーバやソフトウェア、パソコンなどのICTシステムが必要で、その導入コストや運用コストが課題となっていました。

富士通の「クラウド型デジタルタコグラフ DTS-C1」は、リアルタイムに収集した車両の運行情報やドライバーの作業情報をクラウドサービスで管理・分析。インターネットにつながるパソコンを用意するだけでOKですので初期費用を抑え、短期間で運行情報分析が簡単に行えます。

また、車両の速度や時間・エンジン回転数などの情報と運転評価表をもとに乗務員への運転指導などが行えることに加え、運行経路の効率化や燃費向上、さらには運転日報の自動出力による作業負荷軽減をサポートいたします。

クラウド型運行支援サービス「ITP-WebService」

DTS-C1管理画面

■データカード不要

車両の運行データは、無線パケット通信でデータセンターに送信されますので、帰庫したドライバーがカード読み込みのためにPC前で待つことがなくなります。また車両が戻ってくるまでわからなかった車両運行状況が、いつでも必要な時に確認できます。

■オールインワン化

操作PADの機能を本体に内蔵。お客さまは余計なハードを準備する必要なく、低コストで導入することができます。

■安心のクラウドサービス

クラウドサービスで提供する管理システムは、インターネットに繋がるパソコンがあれば月額利用料(通信費込)で、いつでも最新のシステムをご利用いただけます。富士通のネットワークサービスFENICSとクラウドセンターの利用で、高セキュリティで安定した利用環境をご提供します。

システム概要

システムの概要

モバイル通信網を活用して車両から送られてくる各種情報を本社と各拠点、データセンターをインターネットでつなぎ、リアルタイムでチェック・管理します。 インターネット経由で運行に要した経費を毎日手軽に把握できるため、拠点・車両ごとの収支管理がさらに簡素化され、詳細な損益分析が行えます。
また、拠点ごとの売上・利益・経費削減の状況を細かくチェックできますので、目標達成に向けた予実状況を素早く把握することができます。

リアルタイム動態管理

■即時性

・拠点、本社から運行状況/位置状況をいつでもどこからでも確認出来ます。(動態把握) 違反多発車両や貨物温度異常の車両をすぐに把握し、状況確認を通信を利用したメッセージ送信で 確認出来ます。従来よりも迅速、手軽、且つ正確な把握と改善が可能です。素早く正確な運行状況の把握は、 荷主への配送状況問い合わせにも、従来よりも細かい対応が可能となり、サービスレベルの向上に繋がります。

■利便性

・違反等の閾値も全車両にお手軽に設定が可能従来よりも運行管理者様の設定作業が大幅に削減出来ます。更に多頻度に違反閾値を変更したり、グループ毎の違反設定が細かく実施出来ます。きめ細かい運行管理が可能になります。
・「帰庫」ボタンを押下するだけで、日報の印刷が可能メモリーカードをリーダライタに挿入して日報印刷する工数が削減出来ることに加えて、SaaS型なので、自拠点に戻らなくても終業処理(日報印刷)が可能になります。 一度、拠点に戻る必要も無くなるため、残業時間の低減にもつながります。又、多数のドライバが同時に終業した場合等に、カード読込/印刷の待ち時間等の無駄な時間の発生も解消されます。

■コミュニケーション性

・事務所側からリアルタイムに車両状況を確認しながら、急な行き先変更や連絡を貰いたい時等に対象車両へ任意のメッセージが送信が可能
例)センター側:「行き先を〇〇に変更して下さい」「車を止めてすぐに連絡を下さい」
車両側:安全な場所に車を止めて事務所にドライバーはセンターに連絡
これまでの車載機では対応出来なかった、突発的な行き先変更にも簡単に対応出来るようになります。
また、運行中に携帯電話で指示する必要も無くなり、更なるドライバの安全運転意識の向上にも繋がります。

動作環境

CPU Pentium4 2GHz以上
メモリ 1G以上(※推奨2G以上)
ディスプレイ 1024×768ドット以上表示可能なもの(True Color(32bit)以上)
OS Windows® XP Professional Edition SP3以降(64ビットを除く各エディション)
Windows® Vista Business/Enterprise/Ultimate(64ビットを除く各エディション)
Windows® 7 Professional/Enterprise/Ultimate(64ビットを除く各エディション)
ディスクドライブ ディスク空き容量10GB以上
プリンタ 使用OSに対応したプリンタドライバを持つレーザープリンタ(推奨:600dpi以上)
その他 外部インターフェイス(LAN接続用)
接続回線:実効通信速度 1Mbps以上/常時接続
ブラウザ:Internet Explorer8、9
Adobe®Reader® 10.1.1 以降
Microsoft .NET Framework 4.0

 

「DTS-C1」主な機能

DTS-C1画面

■3G通信モジュール内蔵

FOMA網対応の3G通信モジュールを業界で初めて標準搭載。通行管理や運行支援に必要なデータや各種センサーからの運行データをリアルタイムで送信します。

■テキスト読み上げ機能

速度オーバーや急加減速などの交通違反、荷室の温度異常などを音声で警告。さらに事務所から送信したメッセージを読みあげる機能も付いています。

■見やすい有機EL画面を採用

本体前面に操作パネルと高視野角の有機EL(エレクトロルミネッセンス)を装備。簡単操作で安全・確実に各種操作が行えます。

■Gセンサー内蔵

G(加速度)センサーの内蔵により車両の挙動が正確に把握できますので、さらなる安全運転の徹底と輸送品質の向上が図れます。

「DTS-C1」仕様

外形寸法 W178㎜×H50㎜×D162㎜
重量 約1kg
動作電源電圧 DC12V/24V
対応車速パルス 20種(2.0/4.0/7.2/7.4/7.7/8.0/8.3/8.6/8.9/9.2/9.5/9.8/10.2/10.6/11.0/11.4/11.8/13.0/16.0/25.0パルス)
動作温度範囲 -20℃~+70℃